事業内容

講演・研修

弊所研究員への、講演や研修のご依頼につきましては、下記のようなメニューをご用意しております。価格については研究員の職位別にて設定しており、会場・時間などにより交通費や宿泊費の変動もございますので、直接お問合せ下さい。

講演メニュー

NO. プログラム名 プログラム内容 講演時間
A-1 子どもの発達を考える
特別支援教育Ⅰ-基礎
  • 子どもを巡る状況
  • 発達障害1、2、子ども虐待、知的障害
  • アセスメント
  • 障害と問題行動(予後)
1.5 時間
A-2 子どもの発達を支える
特別支援教育Ⅰ-応用
  • 典型例の分析
  • インクルーシブ教育
  • 支援のデザイン(予防と介入)
  • 行動を支援する(行動分析の初歩と課題分析、演習)
1.5 時間
B-1 子どもの行動を考える
特別支援教育Ⅱ-基礎
  • 科学的根拠のある方法とは
  • 応用行動分析、行動とは何か(死人テスト、IBSOテスト)
  • 行動原理(簡略)、行動を増やすと減らす
  • ABC分析
  • インストラクショナルデザイン
1.5 時間
B-2 子どもの行動を変える
特別支援教育Ⅱ-応用
  • ABC分析と機能分析(演習)
  • セルフマネージメント
  • 課題分析と各種技法
  • 環境設定
1.5 時間
C-1 早期からの育ちを支える
特別支援教育Ⅲ-基礎
  • 子どもと母親を巡る状況
  • 発達障害1、2、子ども虐待、知的障害
  • 早期徴候、M-chatの活用
1.5 時間
C-2 早期支援の具体的方法
特別支援教育Ⅲ-応用
  • 子どもの行動を支援する方法(応用行動分析)
  • 教え方(インストラクショナルデザイン)
  • 保護者支援の方法
1.5 時間
D-1 障害のある子どもの
保護者の理解
  • 障害のある子どもの保護者の心理
  • 障害のある子どもの保護者への支援
1.5 時間
D-2 保護者支援システムの構築
  • 保護者支援システムの在り方
  • 保護者思念システム運用演習
1.5 時間
E-1 全ての子どもの学びを
考える
  • 学習障がい、学習困難児への対応
  • RTIモデル
1.5 時間
E-2 全ての子どもの学びを
支える
  • 脳機能から考えた学び
  • ワーキングメモリと実行機能への働きかけ
1.5 時間
F-1 インクルーシブ教育システム
の構築
  • インクルーシブ教育システムとは
  • ICFと合理的配慮
1.5 時間
F-2 インクルーシブ教育システム
の運用
  • 典型例の検討
  • 学校内での役割分担とリスク管理
1.5 時間
G-1 事例検討の方法
  • 事例検討の方法(インシデントプロセス法)
  • 個別の教育支援計画
1.5 時間
G-2 事例検討演習
  • 模擬事例検討会
    ※G-1を受講していることが前提
1.5 時間
H-1 子どもの問題の予防、
学校全体での取り組み
  • 子どもの問題(暴力行為、いじめ、不登校など)を科学で捉える意義
  • 危険因子と保護因子への働きかけ
1.5 時間
H-2 学校風土への働きかけ
  • 学校風土とは
  • 学校風土を変える学校全体のシステムの在り方
1.5 時間
I いじめに関する事実と
具体的対応
  • いじめの現状、エモーショナルフック
  • いじめの定義、いじめに関係する人の予後
  • いじめ予防プログラムの概要
  • 学校安全調査の紹介とこれまでにわかったこと
1.5 時間
J 子どもの行動を支える
学校としての取組
  • 子どもを巡る現状(不登校、引きこもり、暴力行為)
  • 行動とは何か(死人テスト、IBOSテスト)
  • ABC分析、インストラクショナルデザイン
  • 生徒指導の変遷と新しい生徒指導
  • 子どもの行動を分析する、危険因子と防御因子
1.5 時間

※各講座、基礎編と応用編の2段階をご用意しております。応用編の実施は基礎編修了後をお勧め致しますが、強くご希望される場合は応用編からでも承ります。(ただしG-2を除く)

※一度に2プログラムを行う場合は「半日」扱いとなります。また、3~4プログラムを行う場合は「1日」扱いとなります。開催地によっても異なりますが、1日に最大4プログラムまでの実施となります。

※講演料等詳しいことについては、事務局までお問合せ下さい。無料でお見積り致します。なお、講演料は出向する講師の職位により価格が異なります。

※講師の交通費及び必要な場合の宿泊費は、別途頂戴致します。

※講師個人に対するご依頼はご遠慮下さい。

※各講演は50名程度を定員と想定して価格設定をしております。参加者人数が定員を超過する場合は、その旨を併せて事務局へご相談下さい。

お問い合わせ・ご相談は・・・

お問い合わせフォーム

またはお近くの研究所へ [本部] Tel 06-6341-5545 / [浜松] Tel 053-456-057